● もう何年も、会社案内を作り直していない。

● これから組織編成が変わる予定がある。

● 新しい分野に挑戦する。

● 展示会に出展予定がある。

● 新卒採用の予定がある。

● 魅力ある社長写真。

● わかりやすい価格設定。

● リアルな見本をご用意。

● デザインが古くさくない。

会社案内は、会社の顔です。

あなたの会社の会社案内、ちゃんと会社の宣伝をしてくれていますか?

・社員が若くて元気な会社

・歴史がある会社

・高い技術が自慢

・動きがいいのが特徴

・とにかく安心して依頼できるとか

・他にはない特徴があるなど

ほかにも

・駅から近い!

・とにかく安い!

・うちでしか買えないものがある!

・長く付きあえる会社だよ!

など、様々な特徴やアピールポイントがありますよね。 今一度、御社の会社案内を見て下さい。ちゃんと表現されていますか?製造業は製造業らしく、販売業、士業も「いい会社だ」「これならお付き合いできる」と思っていただける作りになっていますか?明るい会社は明るく、信用第一の会社は信用できるようなデザインですか?もし、どうやって作ったらいいかわからなかったら、お問い合わせください。御社がどんな会社か、じっくりお話をうかがってご提案いたします。

2年に一度の見直しを。

今は昔より世の中の移り変わりが早いですね。2年後には違う分野に進出したり、新しい技術や知らない流行が主流になっていたり。そんな事だってあるかもしれません。一度作ったら、大量に印刷した方が単価も安くなるから、5年使えるものを作ろう!なんていうのは時代に合っていません。会社案内は確かに制作費が多くかかります。商品の宣伝ツールと違い、直接商売に繋がっている感じを受けないので、その分高く感じるかもしれません。しかし、何と言っても会社の顔。営業、特に新規顧客に対しての最初のアピールツールです。古い情報や間違った情報が載っていては信用も落ちます。必ず2年に一度は見直して、修正、増刷をして下さい。蛍光灯で焼けて古びた会社案内じゃカッコ悪いですしね(笑)。

”脱”下請けのための第一歩は、会社案内でしょう。

親の代から下請けで立派にやって来た企業でも、時代の流れはもはや自社の営業努力による経営の健全化が一番です。自社の技術、高品質なサービスを広くお客様に知らせる。素早くご理解戴く。マジックの会社案内は御社のサービス、商品を素早く正確に魅力的に伝えます。