ホームページのお仕事

今年の初めからはじめたホームページのお仕事も、ほぼ終了というところまできた。約半年のお仕事。

もともとはグラフィック専門で四半世紀仕事をしてきた。ホームページも紙も、デザインを作る上での考え方は一緒だろう!と思っていたが、う〜ん、一緒ではあるが一緒ではない。この辺、うまく説明しているページなんかないですかねぇ。

やっぱり、見る人の行動(アクション)による違いが一番大きいのかなぁ。

例えばサイドスペースにあるバナー広告なんてのは、週刊誌のつき出し広告と全く同じです。あれをオーダーにより、紙っぽく作るかwebっぽく作るかの違いな気がしますね。

でも、例えばトップページ。960px×○○pxの画面があります。それをポスターやビルボードのようにレイアウトしても次の(目的の)ページへ誘導は出来ない。雑誌ならめくる行為しかないけど、ホームページは盛りだくさんだから、目的のページにはいろんな行き方がある。それをうまく湯どうしつつ、デザインをよくするってことでしょうか?

WEBデザイナーの方からは反論がありそうですね(笑)

web制作例画面

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Proudly powered by WordPress | テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑