手づくり感ってヤツが大好き

いつごろからだろうか、イラストレーションでもグラフィックデザイン、例えばフォンとひとつでも、手づくり感があるものに出会うと、ウワァー!と惹きつけられてしまいます。アイディアを探している時など、よく書店に出かけたりしますが(最近してないなぁ)探しているものでは無いのに、半ば無理やり目に飛び込んでくる。そんなものが、本当に自分が好きなものなんじゃないでしょうか。「こっれ、いいなぁ〜」とか、思わず言っちゃったりしませんか(笑)

いつから?

学生時代に雑誌illustlationに載っていた、アンドレアバルッフィ(たぶん)というイラストレーターのイラストに魅かれたのを覚えています。平面的な色構成で静かな夜の街の一角なんかを描いたもの。ファインアートより大量生産された印刷物の中に魅力を感じますね。なんか、別段貴重品扱いされないもの。何故そういうものに 魅力を感じるのかは解りません。

ケロヨンの藤城誠司

私が小さい時、木馬座のケロヨンがTVで放送されていました。作家はもちろん藤城清治(私と一文字かぶっているのが嬉しい)。藤城誠司といえばケロヨンより宇津救命丸のCMのほうが有名です。あの切り絵の世界。まさしく手づくりそのもの。本当に魅力的です。

藤城誠司画集

 

 

 

 

 

 

手紙社

acebookから知ったんですが、「手紙社」という会社があります。これがまたすばらしく私の好きな世界観を持った会社です。きっと、スタッフみんなが、同じ完成を共有してるんじゃないですかね。そういう人たちが集まれたって、とっても幸せですね。この会社の作り出すものは、何にも考えず、ただ眺めたりして楽しむのが私流。多かれ少なかれ、趣味の世界ってそういうもんですよね。ね!

手紙社ホームページ http://tegamisha.com/

私の絵

お仕事で活躍したことは無いんですが、私もこんな絵を描いたりします。まどうでしょう、絵手紙社さんや藤城清治さんと通じるところがあるでしょうか。これは、手描き→イラレ→フォトショで描いていますが、シルクスクリーンや謄写版でもトライしました。でも今はやっていません。そのうちまた、やってみたいですね。

sato_illustlation

伝える方法 それがデザイン。

私たちデザイナーの仕事はデザインを作ることです。
よく雑誌広告やチラシ、パンフレットなど、
媒体を作るのが仕事だと間違えられる事がありますが
そうではないのです。
では、デザインとは何かというと、伝えるための表現です。

一度に沢山投げると、受け取れない(伝わらない)

広告(パンフレットやチラシも)を作る場合、
例えばお客様から商品の情報やユーザーに伝えたいことの要望があります。
その場合、特に注意しなければならないことは、
一度に沢山のことを伝えようとしないことです。

ここに「安納芋」という商品があったとします。

 

 

 

 

 

 

 

クライアント(担当者)は

・とっても甘い
・今までの焼き芋とは全然違う食感
・本場種子島産
・種子島の羽化より直送している
・種子島の中でも特に優れた品質
・子がね洗顔より栄養価が高い
・スーパー良い安い
・そもそも「安納芋とは…」

などなどをどれも大きく入れて欲しいと言ったとします。
しかし、クライアントの要望をそのまま咀嚼せず作ると、
ユーザーにはどの情報も届き難くなってしまう。
ヘタをすると何ひとつ記憶に残らないことだってあります。

キャッチボールを想像してください。
一つのボールだから受け取れるんです。
相手が10個のボールを同時に投げてきたら受け取れないでしょう。
そういうことなんです。
では、どうするか。
一つのボールを投げて、受け取ってくれたあとにもう一つ投げてみることです。
これなら受け取れます。

前出の安納芋の例なら、一番伝えたいこと。一番お客さんが喜ぶことをまず伝える(大きく扱う)。
その他の情報は、ボールを受け取ってくれたあと(広告を気にして見てくれたあと)に目に入るようにレイアウトするということです。その他にも、媒体を数回のシリーズにして毎回伝える情報を変えるなど、方法はいろいろあります。

大事なことは、

伝えたいことを絞ること。もしくは順位を付けることで伝わりやすくなる。

ということです。

ディレクションとデザイン

私がこの仕事をはじめたのは、もう30年も前。

デザイナーなんて肩書きは気恥ずかしいやら、誇らしいやら。

いくつかのデザイン事務所などで経験を積んだ後にフリーランスになった。

その後、某代理店の制作で仕事をする事になり、SP中心だった仕事がマス広告中心になる。その頃から、ディレクターとデザイナーでデザインを作るようになっていった。デザイナーはディレクターの元で仕事を積んで、やがてディレクターになる。カメラマンなども同じだ(そうじゃない場合もある)。

それから数年経って、営業で企業などに行った際「デザインをしています」というニュアンスで自己紹介すると、ちょっと勘違いされている感じがした。どうも、「デザイン」というコトバは二十数年前とは違う意味になっているようで、「専用のコンピューターソフトを使って、綺麗な印刷できるデータを作れる人」になっていたようだ。

WEBデザインの会社を経営している知り合いに、こんな事を言われた事がある。「デザインだけじゃなく、アイディアとかの提案もするんだ」デザイナーだから当たり前の事なのだが、世の中では当たり前じゃなくなっているらしいと感じた。

世間はどんどん変わっていく。このブログはWordpressで作っているが、数年前までMTが全盛だった。ホームページもほとんどがスマホで見られるようになり、PCサイトはいらない時代になった。デザイナーやディレクターなどの肩書きの意味も、これからもっと変わっていくかもしれない。

デザイナーという職業の裾野が広く(ある意味だれでもデザイナー)なった今、ディレクションの仕事が大事だ。“誰でもデザイナー”が作ったものは、上手に綺麗に見えるが、どうにも意味不明な内容だったり、中身が無かったり、伝わらなかったりする事がしばしば見受けられる。これでは、お金を払って作ってもらったクライアントにとっては損失である。もし、担当者などで作った広告やSPが効いてないんじゃないか?と思ったら、内容をもう一度精査してみてください。ディレクションのしなおしが必要かもしれません。そして若いデザイナーの諸君も、日々勉強してより良い広告作りを目指しましょう。

自分の目線が大事

フリーやSOHOのグラフィックデザイナーは、デザインに対する信念や感性を保持し磨き上げ進む事をしながら、一方で経営も考えなければならない。

いいデザインだから高く売れる。だから経営は安泰。などと考える人はいないだろう。

デザインの善し悪しと売り上げ、純利益とは一致しない。そもそも、デザインの善し悪しってのも曖昧なものだ。そこには、プレゼン方法や得意先に対する洞察力、話術 etcが必要で、デザインを作り上げる事とクライアントに対して良いものを提供できる事とは全く別なのである。

しかしだ、やはりグラフィックデザイナーにとって大事なのは、自分の目線で見た時、どういうデザインを良いものと思っているのかだ。

最近、いろいろ考えたが、結局そのシンプルな場所へしか辿り着かなかったというお話し。

私の好きだった広告

大貫卓也全仕事という本がある。

もう、随分昔の本だが、見返してみると私が好きだったスタイルのたくさんの広告が載っている。正攻法で、伝いたいことをストレートに表現(決してモロダシではいけない)。大貫さんの場合は、結構ウィットがあるものが多い。

じゃぁ、今の広告には無いか?というと、実はあまり見ていないのでわからない。

たぶん、無い事も無いだろうが、こういうスタイルの広告で大衆に訴えられる事が少なくなった気もするし、クライアントも納得し難い。結果、こういうスタイルは少なくなってきたんじゃないだろうか。多くの利益を生む商品の広告には多大な費用がかかるので、効果の少ない広告を打つことは出来ないが、小さなコミュニティ向けなどに、惜しみなくこういうセンスや知識を使って行けば、近年やたらとある地域のイベントなどのチラシやポスターももう少し「クオリティの高い表現の場」としての価値が生まれるんじゃないかな。

私は、もうマス媒体の広告を作ることはやっていないが、例えばチラシひとつ、HP1ページ作るにも、きっちりと考えて作っているつもりだ。もし機会があれば、自分の僅かな知識と経験を活かし、こんな素敵なデザインを作り上げてみたいと思う。toyota mark2 posuter

バナー画像を追加 サムネールからアップまで

お店の集客ツール活用支援をアピールするために
ホームページにバナー画像を追加しようと思う。
サムネールというのは頭の中に思いついたアイディアやレイアウトなどを
簡単に紙に書き留めたものです。

サムネール
サムネール

サムネールでだいたいこんな感じと決めておいて、あとは作りながら修正します。
イラストレーターで作り始めます。
サイズは940×300pxですからガイドラインを引いておきます。
左側に文字を入れ、右側に挿し絵を描いて入れていきます。ほとんどサムネールのままですね。

 
色を少し変更する事にしました。背景をロゴと同じ色に。黄色を入れて目立つように。並べて本当にこれでいいか比較検討します。

 

 

 

 

 

決まったデーターをPhotoshopに持っていき(コピー&ペースト)画像にします。Photoshopで940×300pxの新規画面を開いて、イラストレーターのデーターをコピペします。これをpng形式で保存すればホームページに張り込む画像ができ上がり。あとはhtmlを修正して画像と一緒にサーバーにアップ、ホバーなどの後処理を施せば終わりです。

Proudly powered by WordPress | テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑