小さなことからはじめよう

大きいことはいいことだ。

70年代森永のコマーシャルにありました。

高度経済成長の時です。今はどうでしょう?

出生率の低下で子供が少なく、高齢者人口比率は増加の一途を辿っています。

駅前は塾ばかり。個人経営のお店はチェーン店に場所を奪われ

企業は消費者の奪い合いに走っています。

そろそろ、考え方を変えた方が良いのじゃないでしょうかね。

私は20年以上フリーランスで大手企業の仕事をしてきましたが

仕事に対しての考え方を少し方向転換しようと思っています。

具体的にはまだ何もありませんが、

1つには、大手のように予算が潤沢ではないけど、がんばっている

中小企業や会社、お店とのお付き合いを大事にし、

今まで培った技術とノウハウを活かせればと考えています。

2つ目は、今まで少しだけ制作していた、個人的な嗜好の強い制作にも

力を入れられればと思います。

この他、今までお世話になっているお仕事の情報は、

「マジックホームページ」にも掲載しています。
2013年8月から開始した、地域密着のデザイン制作プロジェクト「マチデザ(街のデザイン屋さん)」もご覧ください。

 

2015年7月12日 追記

このブログをはじめたのが2012年10月4日ですが、私の仕事を取り巻く環境も随分変化しました。今日現在関わっている事を追記します。

・神奈川県中小企業家同友会に入りました。
・たまプライ復活実行委員会
・地元を楽しむキッカケマガジン スパイスアップ
・たまプラーザちょい呑みフェスティバル
・あおば川ガール森ガール(区民講座)

 

2017年5月11日 追記

ブログを始めて5年目になります。

毎年めまぐるしく変わる仕事内容で、ここ数年、前年同期と同じことをやっていません。

新しいお客さん、新しい仕事との出会いがある一方、それっきり、もしくはスパンがものすごく長いということです。

しかし、そればかりではなく、毎回固定でいただけるお仕事も少しずつ増えています。

つい、売上のことを考えてしまいますが、お客さんの信頼を少しずつでも得ているというのは大事なことで、焦る気持ちを抑えつつ前に進んでいこうと思います。

2012年からの変化を記しておきます。

・がんを知る展のディレクションを続けています。
・ホームページ制作のお仕事が増えました。
・不思議な縁で、塾のお仕事をしています。
・カメラマン、イラストレーター、WEBエンジニア、印刷所などの協力先とつながりができました。
・横浜商工会議所に入りました。
・神奈川同友会たま田園支部の役員になりました。

 

2018年2月24日 追記

池尻大橋の事務所を引き払って、自宅での仕事を始めたのが2012年の11月。
この3月に自宅以外に事務所を持つことになりました。
5年ちょっとかかりました。

2012年からの経緯

仕事を切られ途方にくれる

池尻大橋の事務所引払い自宅へ

SNS、地元団体、中小企業家同友会等で繋がりを作る

たまプラーザに事務所を借りる

単純に書くとこんな感じです。
当初は「元の場所(仕事)に戻る」事を考えていましたが、もがいているうちに違う場所へのスタートを切っていたようです。
持っているスキルを、誰のためにどう使うかで商売は変わってきます。
これからは、地域のお客様のためのお仕事を半分。その他のつながりの中で自分を必要としてくれる方のお仕事を半分。そんな感じでやってていきたいと思います。

●2020年5月19日 追記

前回から2年以上が経った。このブログを始めてからもう8年ほどだ。現在は世界中がコロナウィルスにやられ、経済はリーマンショック以上の落ち込みを見せている。しかも世界中でだ。こうなると、仕事をすべて切られ事務所をたたみ自宅でゼロから始めたなどなんでもないことに思える。

いつものように、現在の弊社の状態について記しておく。

たまプラーザに事務所を借りて2年ほどになる。同時にたまプラーザ中央商店街という商店会に所属。商店街のお店とのつながりをもっと作ろうと考えたのは1年後くらいのこと。少しお客さんが出来たところでのコロナだ。

商店街の端にある郵便局にチラシとポスターを掲示。これも初めてのこと。未だ反応はないが続けていくことが大事。

昨年から同友会の有志で始めた事業計画書作成。一から事業者になるステップを上がるには非常に役に立っている。一人事業者は計画書など作るタイミングがないので、その雛形をみんなで作った。現在も進行中。

今期売上目標に前半期達成していただけに、コロナで一気に売上がなくなったことは非常に残念だが、仕事を失った時を例えるとぬかるみでエンジンがかからなくなった状態。今はぬかるみを1速フルアクセルで進んでいる気がする。

Proudly powered by WordPress | テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑