伝えるのって大変ですよね

サービスでも、商品のメリットでも、伝えるのって大変ですよね。

私の仕事は伝わるデザインを作る事なんですが、そんなに簡単にはできません。

セールスは苦手な方ですが、営業関係やマーケティング関連の本などには、最初に商品のメリットを語ってはいけないって書いてありますよね。

顕在顧客ならいいそうですが、潜在的な顧客にいくら話しても嫌われるだけ。

確かにそうです。では、どうしたらいいかって話ですね。

潜在的な顧客とは、商品やサービスとは遠いところの話から親しくなり、お困りごとを聞くそうです。その解決方法として自分の商品があてはまればお勧めする。

なかなか大変ですね。でも正しいと思います。

発注するのだって伝えなきゃできない

なにか制作物を業者に発注するのにも伝えないとできませんよね。

どうしたいのか。どうしたら希望どうりになるのか。

これも、結構大変じゃないですか?

例えば普通の会社だと必ず必要なホームページ、パンフレット、カタログのほか封筒や伝票、 SNSの投稿や広告掲載など。

これらすべて別々の会社だったりしますよね。普通に。

中小企業の場合、広報担当の専門家なんて置けないので、一応どなたかが通常業務以外に兼任している事が多いようです。

そんな場合、あらゆる事ができる人を月1回打ち合わせに呼んで全部投げるのも手かもしれませんね。あ、今だとzoomが普及してるので呼ばなくてもいいですね。

弊社なんかは、全てができる何て事はないのですが、印刷物以外にもマーケティングやwebのプロと一緒に仕事をしてますのでご要望にお応えできます。

現在は2件ほどのお客様の広報担当をやっています。それらの会社様がなぜ外部に広報を発注しているかというと、いちいち伝える事ができないからだと思います。

コンサルティングの方は別にいて、密に進めていますが、それを業者にいちいち発注するのって大変ですよね。

一緒に聞いてて貰えば、説明が要らないというわけです。

こんな風に、便利に使える業者があなたの会社の近くにいるかもしれませんよ。いや、きっといます。

仕事はつながりからしか生まれません。何でもできる人、たくさんの事業者仲間を持っている人、探してみてはいかがですか。

広告デザインはコトバを先に考える

中小企業の場合、パンフレットなどを社内で作る場合も多いですのね。そんな時、以下が少しでも参考になればと思います。

絵先?コトバ先?

例えば歌謡曲なども、詩が始めにあったのか、曲に詩をつけたのか。「詩先・曲先」なんて言いますね。

広告も同じで、絵を先に考えるのか、言葉、例えばキャッチフレーズとかタイトルなどが先なのかということがあります。

私がいた広告の現場では、実は同時でした。コピーライターもデザイナーも、言葉と絵をサムネールにしてアイデアを出し合う。当然、言葉だけのアイデアがあってもどんな広告になるかわかりませんしね。絵だけの場合は「例えばこれに○○○みたいな言葉が大きく入る」なんて言い方はできるかもしれませんが。

“広告デザインはコトバを先に考える” 続きを読む

パパとママの障害者就労勉強会 第2回

7月に行ったパパとママの障害者就労勉強会の第2回目が開催される運びとなったようだ。

今回も地元たまプラーザでの開催。地域を挙げて応援し、勉強していければいいと思い、ただいまひっそりと協賛企業を募っています。(なんと、すでに一社決定!)詳細が決定次第、ご報告できると思います。

第1回目の記事はこちら。→

障害者就労勉強会

いいデザイン協会 シズル感

これから、当社のお仕事である、いいデザインについて書いていこうと思います。

「いいデザイン」ってなんでしょう。当社でもわかっていません。もとい、その問いには速答できません。捉え方が大き過ぎるんですね。

当社のお仕事は主にグラフィックデザイン。広告デザインなので、その範囲で、個別の案件でなら答えが出せそうです。 “いいデザイン協会 シズル感” 続きを読む

Proudly powered by WordPress | テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑