会話を生む名刺、メーチラ

名刺サイズのチラシで「メーチラ」なんて、何も考えずに遊び半分でつけた名前ですが、商標登録を申請しました。もうすぐ登録証が届くと思います。

メーチラのチラシには、こう書かれています。

同じ趣味を持つ人は、10倍早く友達になれるといいます。メーチラは、話すことが苦手で、名刺交換のチャンスをなかなか活かせなかった私が考えました。これなら初めての人とも会話が弾む。ビジネスの話をするきっかけだって作れる。そう、会話が生まれる営業ツールの誕生でした。 趣味やちょっとしたプライベートがきっかけで親しくなるのは、SNS全盛の今日ではよくある事で、その効果を営業に活かせるツールがメーチラです。是非、営業効率促進とお客様とのコミュニケーション向上にメーチラをお役立てください。

メーチラのチラシ

 

 

 

 

 

私が人前で話す事が苦手、あがり症だった事から生まれたのがメーチラです。もっと楽しく名刺交換しましょう。

SNS全盛の時代です。今日何を食べたとか、サーフィンが趣味だとか、野球は中日ファンだとか(これは私)。そんな事をつぶやくのが当たり前。でも、仕事になると○○商事の係長です・・・じゃ、コミュニケーションできないし、勿体無いですよね。名刺交換は、初めて会ったその時だけの儀式見たいなものです。その1回のチャンスを、もっと活かしましょう

メーチラロスギタリスタス

メーチラフローリッシュ

メーチラ教授のお墨付きメーチラマムズビジーメーチラアスケア

 

 

メーチラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[contact-form-7 404 "Not Found"]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっという間に過ぎて行く

ちょっとサボっていると、全然更新してないブログになってしまいますな。
根が几帳面じゃないもので、よくネット上に書かれている
「必ず毎日更新することが大事!!」
なんてことは私には無理です。
でも、あまりに更新していないので、別段書くことも無いんですが
こうやって書いて(打って)みました。

3月末に消費税増税がありましたね。
店舗関連のデザイン・印刷の仕事をしている会社は忙しかったことと思います。
私は経営規模が小さいので、その時期1店舗のお仕事をしていただけで手一杯でした。
お付き合いのある地元の印刷会社さんは大手チェーン店の関東圏全店舗のSPを差し替えとかで
忙しいと言っていましたが、4月に入って別件で話していると
どうやら単価が下がっているようで、この先を危惧している感じでした。
あれくらいの規模でやっていると、跳ね返りも強いんでしょうね。

いろんな商売が、時代とともに形を変えてきました。
私たちのような小規模でデザイン関係の仕事をしてきた者は
はたしてこの先、どこへ向かうんでしょうかね。

あ、決して悲観してるんじゃなくて、
どちらかというと楽しんでますので、お間違いなく。

明日のためにその五 オリジナル商品をつくる

前回ターゲットを絞ろうと書いた。ネット上のいろいろな文献や、起業セミナー等でも誰でも言っていることに、いつ誰にどうやって・・・などと言うものがある。私もいろんな人から、何度聞かされたことか。しかしそのコトバは、いつも頭を素通りしていた。デザイナーの仕事は、まだ形のないものを作ることで、上記のコトバはピンと来なかったのだ。
しかし、今価格表を作り、印刷だけでも請け負い、地域のお客さんにターゲットを絞り、毎日チラシを播いている私に、そのコトバが嵌まってきた。そう、自分が変わらないと当てはまらなかったのだ。

さて、チラシ配付で街を歩きながら、いろいろなことを考えている。
そもそも私は人が苦手なので、滅多にお店の人に直接チラシを渡すことは無い。しかし、本当は直接渡した方がいいことはわかっている。だから、例えばこのお店のひとだったら、何て言って入っていったらいいかなどと考えながら歩いているのだ。先日は、のぼりを出しているお店に「1年〜2年でヤレてきますよね。再印刷の際はお声をかけてください」見たいな言い方をした方がまだいいんじゃないかと考えながら歩いていた。声をかけることは結局無かったが。

しかし、今それでもだめじゃないかと思っている。(いや、それはそれでいいんだが)もっと踏み込んで、よそに無い商品じゃないといけないと思うのだ。難しいことはわかっているが。例えば何処の会社でものぼり印刷はやるでしょう。それを「のぼり印刷やりますよ!」と言ったって、相手からすれば「あ、そう」ってな感じだと思います。
ところが、よそには無い、よそが売りに来ない商品だったらどうでしょう。仮にお客さんAに営業して無反応だったとしても、私なら営業する気になれます。商品によって少し自信が持てます。
前に書いたターゲットをちゃんと絞った商品だったら、そのターゲットに向けて営業すればいいんですから、今までみたいに青葉台の商店全部などに配付しなくても済みます。

まぁ、自分なりにネタ(自社商品)は考えましたが、本当にこんな考え方でいいのかはわかりません。
しかし、漠然とやっていたことオリジナル商品開発が少しずつ明確なものになってきた気はします。

明日のためにその三 HPとFBページを作る

企業をターゲットとしない事業を展開する為に、「街のデザイン屋さん」という屋号を作って、8月から進めている。ホームページはすでに先月公開していて、本当はドメインを取得した方が良いのだが、独自ドメインの無いjimdoの無料コースだ。design space magicでjimdoの制作を請け負う為に開いていたものを流用した。おかげで使い方はけっこう修得したつもりだ。

地域密着の事業なのではたしてHPがどれぐらい役立つかはわからない。はっきり言って遠くの人に見てもらっても仕方がない・・・と思っていた。しかしどこのユーザーだろうがPVが増えればヒットしやすくなるだろうし、やはりHPは必要かもしれない。現在アクセスは527。少ないが、その中で同地域で気になってくれる人が数人でもいればめっけものだと思うようにしている。

FBページは今日開設した。何と言っても広報しなければ始まらないので、ネットにすがっている感じだ。あと、今まで行ったことがない相互リンクサイトへの登録も行った。私のいる横浜地域に絞ったものだけリンクしている。googleアナリティックスを見ると相互リンクサイトからも各6〜7名来ている。地元の地名や駅名または職種で検索したものと考えているので、他のものより期待している。

今現在、HPを見ましたと言って問い合わせてくるお客さんはいない。結構心が砕けそうだが、明日のためにその一、その二とあわせて進むしかない。

Proudly powered by WordPress | テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑