伝えるのって大変ですよね

サービスでも、商品のメリットでも、伝えるのって大変ですよね。

私の仕事は伝わるデザインを作る事なんですが、そんなに簡単にはできません。

セールスは苦手な方ですが、営業関係やマーケティング関連の本などには、最初に商品のメリットを語ってはいけないって書いてありますよね。

顕在顧客ならいいそうですが、潜在的な顧客にいくら話しても嫌われるだけ。

確かにそうです。では、どうしたらいいかって話ですね。

潜在的な顧客とは、商品やサービスとは遠いところの話から親しくなり、お困りごとを聞くそうです。その解決方法として自分の商品があてはまればお勧めする。

なかなか大変ですね。でも正しいと思います。

発注するのだって伝えなきゃできない

なにか制作物を業者に発注するのにも伝えないとできませんよね。

どうしたいのか。どうしたら希望どうりになるのか。

これも、結構大変じゃないですか?

例えば普通の会社だと必ず必要なホームページ、パンフレット、カタログのほか封筒や伝票、 SNSの投稿や広告掲載など。

これらすべて別々の会社だったりしますよね。普通に。

中小企業の場合、広報担当の専門家なんて置けないので、一応どなたかが通常業務以外に兼任している事が多いようです。

そんな場合、あらゆる事ができる人を月1回打ち合わせに呼んで全部投げるのも手かもしれませんね。あ、今だとzoomが普及してるので呼ばなくてもいいですね。

弊社なんかは、全てができる何て事はないのですが、印刷物以外にもマーケティングやwebのプロと一緒に仕事をしてますのでご要望にお応えできます。

現在は2件ほどのお客様の広報担当をやっています。それらの会社様がなぜ外部に広報を発注しているかというと、いちいち伝える事ができないからだと思います。

コンサルティングの方は別にいて、密に進めていますが、それを業者にいちいち発注するのって大変ですよね。

一緒に聞いてて貰えば、説明が要らないというわけです。

こんな風に、便利に使える業者があなたの会社の近くにいるかもしれませんよ。いや、きっといます。

仕事はつながりからしか生まれません。何でもできる人、たくさんの事業者仲間を持っている人、探してみてはいかがですか。

ホームページは作った時がが始まり

弊社 デザインスペースマジックのホームページは、今年に入ってからしょっちゅう変更を加えています。主にはキーワードやタグなどですが、地域向けの事業のホームページは意外といい加減に作っていたので、ページ構成まで含めて作り直すこともあります。

ホームページはお店と同じで、オープンしただけではたまたま通りかかった人しかお店に入ってくれません。ここに、こんな商品を揃えたお店があって、今週はお得なサービスやってるよ!とか、お客さんを引っ張ってこなきゃなりませんよね。本当に実店舗と同じなんです。更にいまならtwitterやFacebookなどのSNSも絡めたりYoutubeを使ったり、作業は大変ですが逆にいろいろできるということです。

Googleアナリティクスを使うとアクセスの状況が色いろ分かって参考になりますよ。


◎アフターコロナにスタートを切るための宣伝ツールや会社に必要な◎名刺◎封筒◎会社案内のほか◎弊社登録商標のメーチラもご用意しています。


◎メーチラの増刷は¥10,000(税別)

広告デザインはコトバを先に考える

中小企業の場合、パンフレットなどを社内で作る場合も多いですのね。そんな時、以下が少しでも参考になればと思います。

絵先?コトバ先?

例えば歌謡曲なども、詩が始めにあったのか、曲に詩をつけたのか。「詩先・曲先」なんて言いますね。

広告も同じで、絵を先に考えるのか、言葉、例えばキャッチフレーズとかタイトルなどが先なのかということがあります。

私がいた広告の現場では、実は同時でした。コピーライターもデザイナーも、言葉と絵をサムネールにしてアイデアを出し合う。当然、言葉だけのアイデアがあってもどんな広告になるかわかりませんしね。絵だけの場合は「例えばこれに○○○みたいな言葉が大きく入る」なんて言い方はできるかもしれませんが。

“広告デザインはコトバを先に考える” 続きを読む

マーケットとデザインと

私は硝子体剥離と緑内障もちな上老眼がひどいので、目薬も欠かせないしメガネの具合にも気をつけています。

メガネが汚れた時は、本当は石けんで洗い水分を拭き取るのがベストなんですが、アルコールを染み込ませた紙を使ったこんな商品もあって便利だ。

メガネ拭き

左はたまプラのメガネ店で売っているもの。実に使い勝手がいい。右はホームセンターで売っていたもの。あれ、同じのがこんなに安くあるじゃん。というわけで購入。左は¥1000弱、右は¥198とかだったと思う。

さて、ホームセンターで買ってきたものを使ってみると、紙質が硬い、アルコールが拭いている間に飛んでいく。一瞬で拭いて終わりという感じ。でも、安い。

何が言いたいかというと、私は左のメガネ店で買ったものがいいなぁと思うんですが、じゃあ右の安いやつは粗悪品かというとそんなことはない。下手すると、こっちの方が売れるかもしれない(個数では)。売っているのがホームセンターで、激安。安くして、ある部分をそぎ落としても売れるものはあるという事。そこにも、ちゃんとマーケットがある。

明らかにこっちの方がいいものなんだから、うちは上等なものしか作らねー!ではなく、この商品は誰が買うのか、もう少し買う層を広げたかったら商品にどんな付加価値をつけるのか、もしくは削るのか。価格か、宣伝か、営業か。そう考えるべきだと、まぁそんな事を思ったのです。

弊社もデザイン制作の会社なので、ひたすらクオリティの高いところを目指しがちなんですが、制作部署ならそれでいいですが経営は違いますよね。もっと、どうしたら喜んでもらえるか考えていきたいですね。

ロゴマークと商標

グラフィックデザインのお仕事の中に、タイポグラフィーと言う分野があります。ロゴマークらタイトル制作など。学生時代にタイポグラフィーの授業を専攻していたこともあり、この分野は得意でもあり好きでもあります。

ブランドは焼印

ロゴマークはブランドを示す印です。ではブランドって何かと言いますと、これは有名な話なので知っている方も多いと思いますが、焼印だと言われています。この牛が自分の牧場の牛だとわかるように焼印を押した。ということでしょう。痛そうですね。

日本にも古くからロゴマークは存在してますよね。家紋はどうでしょう。家風を表す図柄ということではまさしくロゴマークじゃないでしょうか。日本のロゴマークと言う本によると、現在は使われていませんが「味の素」の美人マークは明治42年に作られたそうです。他社との差別化、ブランド認知は大昔から考えられていたんですね。

ロゴマークを頼まれる時、大事なのは何を伝えたいかです。広告やデザインを作るのと同じですね。企業なら例えば企業理念を(違う場合もありますが)、ブランドなら伝えたいブランドイメージやその価値、意味を感じるものでなければなりませんね。意味を込めるというのが大事です。次にテクニカルな点では使用方法です。これもチラシ一枚作る時と同じで、このチラシをどうやって使うのかわかってないと使い勝手が悪いものができます。ロゴマークも、モノクロ1色で使う場合や4色掛け合わせの場合、特色の場合などん用意が必要ですし、最低使用サイズや禁止事項、組み合わせ指示も大事です。これらがないと、せっかく作ったロゴマークのイメージを統一した使用がコントロールできません。

商標が取れなかった例も

もう一つ大事なのが、商標登録です。例えば新しいサービスが生まれる時、ほとんどの場合、企画が作られ、ネーミングやロゴマークトーン&マナーなどが制定され、最後に商標登録を弁理士さんにお願いするという流れになります。しかし、持ち込まれたネーミングが登録できない名前だったと言う例があったという話を聞いたことがあります。最初から商標お登録を考えているのなら、弁理士さんを通して商標が取れるか確認してからのほうがいいですね。

マジックでは商標登録からロゴマーク制作まで一貫して承ります。

コロナに負けず、遠隔会議

Zoomが流行ってますが

新型コロナの流行による外出自粛で、お客さんと会っての営業や出社しての会議ができなくなってますね。弊社も所属団体の例会や会議が軒並み中止。その代わりに以前は行っていなかった遠隔の会議を試しています。そう、巷で流行っているZoomです。Zoomは米Zoom Video Communications(Zoom社)が提供するWeb会議サービスで、IDとパスワードを発行すれば参加できるので簡単だ。以前skypeを使ったことがあるが、Zoomの方が映像や音声がきれいな気がする。

他にはどんなものがあるか

まずは先出のZoom、Skype、そしてGoogleハングアウトのほか、今回初めて知ったステムで、appear.in、BizMee_β、Chatwork、V-SESSIONなんていうものがあるらしい。Chatworkは私もアプリを入れていて、テレビ会議以外のチャット機能は使ったことがある。二人で遠隔でテレビ画面を使った話なら、Facebookのメッセンジャーでもできてしまう。

新型コロナ収束後

新型コロナウィルスが収束した後、果たして直接会ってのコミュニケーションはどうなるのだろうか。やはり直接のコンタクトがより大事だという思いが強まって、そういう場が重要視されるか、遠隔でのやり取りがいかに便利でコストと時間を省けるかが認識されたため、さらに遠隔標準な世の中になっていくのか。皆さんはどう思いますか?

補足

先日のZoom会議でスマホを使って移動しながら会議をしていた強者がいました。イヤホンを使って、聴く音は問題なかったようですが、マイクはスマホのものだったのでこちらは多少聞きづらかった。この点を解消すればスマホでどこにいても会議が出来てしまうでしょう。逆に24時間拘束されそうな気もしますが…。

お仕事のご依頼はこちらまで

Proudly powered by WordPress | テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑